グリーンスムージーで置き換えダイエット

グリーンスムージー用野菜と果物の組み合わせ

グリーンスムージーで置き換えダイエット

日本人のなかには非常に太っていたり、肥満やメタボリック症候群の人も非常に多くなっています。

それは現代の日本人の食生活に原因があります。

日本にはコンビニエンスストアやファーストフードなど非常に便利な店が軒を並べています。

こうした店に行けば24時間美味しい食事にありつくことができます。

仕事などで多忙な人はコンビニエンスストアで売られているお弁当やインスタント食品、冷凍食品を主食にしている人も多い傾向にあります。

しかしこうしたコンビニエンスストアのお弁当やインスタント食品は脂質過多、塩分過剰、野菜不足が深刻であり、毎日こうした食品を食べることでメタボリックシンドロームに代表される生活習慣病を患っている人が多い傾向にあります。

こうした食生活を送っている人にお勧めなのが、朝食をグリーンスムージーにすることです。

小松菜やセロリ、ほうれん草、菊菜などグリーンの色の野菜とリンゴやオレンジなどの果物をジューサーにかけ、スムージーを作って毎朝摂取するようにします。

こうしたグリーンの野菜や緑黄色野菜をスムージーにしてしまうと、サラダよりも沢山の野菜を摂取できるようになり、偏った食生活で不足しがちなビタミンACEや食物繊維、ミネラルなどを効果的に補給することができるようになります。

またこうしたグリーンスムージーを朝食と完全に置き換えることにより、ダイエット効果なども期待できるようになります。

生野菜と生の果物のスムージーには豊富な酵素が含まれます。

グリーンスムージーを朝食代わりに毎朝摂取することによって体内の酵素量が高まり、消化だけでなく代謝なども促進されようになります。

代謝がアップすると脂肪燃焼効果も高まり、痩身効果が期待できるようになります。

またこうした豊富な野菜のスムージーには豊富な食物繊維が含まれます。

グリーンスムージーを毎朝飲むことによって、腸内の悪玉菌がやっつけられ善玉菌の好環境に整えられます。

すると腸の正常な蠕動運動が見られるようになり、毎朝決まった時間に便意を感じるようになります。

すると便秘症なども解消され、毎朝排便が見られ、そのことでも体重減少に大きく貢献してくれます。

慣れてきたら朝食だけでなく、昼食、夕食とグリーンスムージーに置き換えてダイエットを実践するとよいでしょう。

空腹感に耐えかねる時はスムージーの中に炭酸水などを配合するとよいでしょう。

炭酸でお腹が膨れ、空腹感に苛まれなくなります。

解説ページ:

Comments are closed.